自然素材の家作り

100年持たせる家作り

「自然素材で家を建てたい!」

このようなご要望はもちろん、わたしたちは「長寿命の住宅」をご提案しています。
その秘密のひとつは、「土佐材」です。

あまり知られていないかもしれませんが、土佐材について解説しますので、ぜひ読んでみてください。

「こだわりの素材」を使うのだから、どうしても「価格も高いのでは???」と思うかもしれません。
わたしたちは、大きな住宅メーカーさんのように営業マンもいません。 その分、お買い求めやすい価格を提供することが可能です。
安いからといって、「手抜きは一切ございません」。 安心してご相談ください。

土佐材とは

土佐材とは、森林率が日本一高い高知県・土佐の地にて伐採された木材のことです。 高知県は、年間日照時間が日本でも1位2位を争う高さ。 また、年間降水量は全国1位で、樹木が育つ最高の条件が整っています。 海というイメージが強いですが、実は素晴らしい森林の県なのです。

  • 100年持たせる家づくり
  • 100年持たせる家づくり

土佐ヒノキ

高知県は、ヒノキの産地として有名であり、土佐ヒノキ・幡多ヒノキ・四万十ヒノキなどとさまざまな呼称があります。 ヒノキ独特の強い香りがあり、油脂分を多く含むため、年月の経過とともに光沢が増し、耐久性が高いのが特徴です。
土佐ヒノキは、各地で評価されており、京都の西本願寺の修復や新国立劇場の舞台床などにも使用されています。

土佐スギ

魚梁瀬スギは、全国的にも有名なブランドになっているなど、県内には多くのスギの産地があります。 主に構造材として使用されることが多く、古くは京都二条城や江戸城の築城でも活躍していた歴史があります。

土佐材への信頼

土佐ヒノキは、高知県立森林技術センターの調査結果で、全国平均を大きく上回る強度を持っていることが証明されています。 また、土佐スギについても同様に強度が高いことを裏付けるデータがあります。
また、天然素材ですので、木材ごとに強度や含水率が異なります。 高知県では、一本一本グレーディングマシーン(強度測定器)や含水率計を使って測定し、性能や品質が確かなものを出荷しています。

中村工務店では、土佐材はもちろん、土佐の漆喰や和紙を組み合わせたまるごと自然素材を活用した家づくりを目指しています。
シックハウス症候群を解決できるような最適壁材を使っていますので、安心した家づくりができます。

  • 100年持たせる家づくり
  • 100年持たせる家づくり

漆喰とは

調湿機能
空気中の湿度を調整し、快適な室内環境を造ります。
また、結露の発生を抑制し、建物を長持ちさせます。
VOC吸着除去機能
シックハウスの原因となる揮発性有機化合物(VOC)を吸着、除去します。
消臭機能
タバコやペット、生ごみなどの生活臭を吸着し分解します。
抗菌機能
主成分の石炭による抗菌作用で菌類の増殖を抑制し減少させます。
防カビ機能
主成分の石炭によりカビの繁殖を抑制します。